お知らせ
2009年2月6日に開設30周年記念に特設コーナーを設けましたが、スライドショーの期限が切れて表示出来なくなりましたので記事を非表示にしました。
2013.03.14 管理人:マクノスケ
カテゴリー
記事一覧
最近のコメント
pictlayer
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
姫ドール解説・なみ蔵
pege-13


20080325-01.jpg

                      
0001227M.jpg 20080307-01.jpg 20080307-03.jpg

            なみ蔵さん「姫ドールを語る」!
画像クリックで拡大画面が開きます。


今回『ZEROグッズユニヴァース』さんから発売になった『オーロラ姫ドール』。
名目上は『SF西遊記スタージンガー/放送30周年記念』と言う事でDVD-BOXと同時期の発売になってはいますが、姫ドールの製作がメーカーさんから発表になったのは去年(07年)の5月..。当初はその年の秋に発売する予定だった事を考えると『30周年記念』と言うキャッチコピーは、後付けで考えられた物だと言う事が伺い知れます。もっともメーカー側とすれば、決して知名度が高くなくメーテルのような人気キャラでもないオーロラドールを販売する上で『30周年記念』『DVD-BOXの同時期発売』と言う好条件を利用しない手は無い訳で、それによってドールの発売が遅れた(あくまで推測ですし、延期の理由は他にもあると思います)のもある意味仕方ないと言いますか当然の流れのようにも思えます。

結果的に発表から9ヶ月後に発売となったオーロラ姫ドールですが、その仕様は姫のトレードマークとも言うべきひらひらミニスカートの宇宙服では無く、彼女が自室等で着用しているピンクのロングドレスバージョンでした。恐らく、ドールを購入した人もそうでない人も、ミニスカ宇宙服バージョンの方がイイと感じたと思うのですが、植毛式のドールに複雑な形状のヘルメットをかぶせるのはかなり無理があると感じていたので、わたくしの場合は「まぁドレスバージョンにするしかないだろうな....」と、当初から諦めていました。残念ではありますけどね。(一応、ガレージキットのイベント会場で、メーカーさんに「別売りでミニスカバージョンの衣装も作って下さい」と要望を出しておきましたが、内心ではあまり期待しておりません。)

わたくしはマクノスケさんの御好意によりホビーショップで早々と予約を取れていたおかげで、『完売→入手出来ず』の恐怖に怯える事無くマタ~リとした気分で姫人形の到着を待ちます。そして3月上旬にやってまいりました!。購入したのは『イベント限定10体』のDXバージョンのオーロラ姫です。当初は『通常版』を2体買うつもりだったのですが、イベントで見た『限定版』が予想よりもイイ出来で、「う~ん...こっちもイイかも..」と思い始めていた所、マクノスケさんから「今なら限定版1体に交換可能」との連絡を頂き、急遽変更したとゆ~次第です。『限定版』は額のティアラが18禁&天然ルビー仕様、髪やドレスの色が『通常版』と異なる等、TVの設定とは違うのですが、コレが思いの他イイ感じに仕上がっております。特に髪はリアル金髪のようで(手触りサラサラ)落ち着いた感じの松本色の強い顔と妙に相性が良く「アニメ版の姫をリアルに再現するとこ~ゆ~感じになるんだろうなぁ~。」と思わせる作りです。

あと、良い意味でイメージと違ったのはドレスの生地です。手に取る前は勝手に『固い布』のイメージを持っていて、逆さにしても(新聞紙を巻いた感じで)形がそのまま崩れないのであろう...とか思ってたんですが、物凄い柔らかなしっとりした生地で、試しに姫を逆さにしたらスカートが腰まであっという間に捲れ落ちました。(^_^;そうしてみて、ここで姫がパンツを履いていない事に気が付いたわたくし。「ノーパンはいくらなんでもアレであろう」と考えドール用の下着を購入し履かせました。履かせてる時はちょっと情けない気分になりましたが~。(^_^;最終的には白靴下とオサレな靴を履かせてようやく落ち着いた次第であります。それにしても10体限定でシリアルナンバーが『No.3』とは...。(-_-; いかに売れていないかが分ってちょっと悲しくなります。まぁよっぽどの姫好きでもなければ人形に52000円も出す人はなかなかいないんでしょうねぇ。『通常版』はそこそこ売れているようで安心しましたが~。(ちなみに先日、秋葉原のホビーショップで姫ドールを発見しました。限定版はno.8通常版はno.38(←確か)のナンバーが付いていました。)

当初は「アニメの顔の方が良かったなぁ..。松本顔はちょっとなぁ...。」とか不満があった顔のデザインですが、今ではとてもイイッ(・∀・)と感じております。上にも書きましたが、落ち着いた色の金髪との相性が良いのでリアル姫が目の前にいる気になれるんですよね。(まぁ、とは言え1/6のサイズなんですが)でも、正直ここまで気に入るとゆ~か愛着が湧くとは思いもしませんでした。自分のサイトの掲示板にも書きましたが、この姫ドールなら、霊が憑りついて髪の毛が伸びようが夜中歩き回ろうが一向に恐くありません。(・_・)むしろ髪の毛が伸びて欲しいと思う程です。(←アブナイ)仮に火事になったら、まっ先に姫ドールを抱えて逃げるでありましょう。


関連記事

ギャラクシー08.04(Vol.27) | 2008/03/16(日) 17:47 | | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。